Home > スタッフブログ一覧 > スタッフブログ > 育児報告② - 虫歯予防を始めました -

育児報告② - 虫歯予防を始めました -

2017年6月5日(月) 更新

 

こんにちは!中川歯科クリニックの歯科医師・谷田部一大(やたべかずひろ)です。

 

6月4日から6月10日は歯と口の健康週間ということで、この時期はテレビ等でお口の健康に関する話題が取り上げられることが多いですね。

 

昨年の11月8日(いい歯の日)に誕生した私の第一子となる長女ですが、先日の5月26日に下の前歯が2本生えてきました。早速ですが、虫歯予防の処置を始めてみることにしました。とは言ってもまずは、

①歯医者さんに来ること

②ママの膝の上に乗り、診療チェアーに座ること

③口を開けること

これらを目標としました。

 

以前に一度顔見せのために来院したことがあり、今回は2回目の来院ですので、とりあえず『①歯医者さんに来ること』はクリアー。歯医者さんに来るだけで泣き出してしまう子もいるそうです。そのまま『②ママの膝の上に乗り、診療チェアーに座ること』もクリアー。ここで私が目の前に現れて、そろそろ泣くかと思いましたが、毎日見慣れた顔なので大丈夫みたいでした。「あ~ん」と言って、虫歯予防のジェルをつけた綿棒を近づけると、あっさり口を開けてくれました。『③口を開けること』もあっさりクリアーしたので、虫歯予防のジェルを綿棒で歯に塗りました。泣くかと思いましたが笑顔でした。そのまま笑顔で綿棒をぺろぺろなめていました(*´▽`*)。

 

歯が生えたばかりのお子さんをお持ちのお母さんお父さんは、いつからどのように歯みがきを始めればいいかよくわからないかもしれません。

 

『お母さんに知ってほしい 子どもの口と歯のホームケア』という本によると、『生後6か月をすぎて乳歯がはえはじめると歯みがきが必要になります。しかし0歳児ではなかなかきちんとみがかせてくれないのがふつうです。いやがるからといって、おさえつけてみがくなどの無理はやめましょう。この時期の歯みがきはお遊び程度のものでもだいじょうぶです。』と書いてあります。

 

うちの子はすでに離乳食は始めていますが、まだ1mmぐらいしか歯が生えてきてないので、もう少し歯が生えてきたら歯ブラシでみがいてみようかと考えています。歯ブラシに慣らすために、子供用の歯ブラシを持たせることはすでに始めています。そのまま自分で口に入れて歯ブラシをなめているので、好きなようにさせています。口の奥まで入れないように注意はしてください。

 

ちなみに今回使用した虫歯予防のジェルは、中川歯科クリニックで使用している『オーラループ 4プラス』です。

 

次回は、虫歯の細菌がいるかどうかをチェックする予定です。

 

参考図書:

『お母さんに知ってほしい 子どもの口と歯のホームケア』

『月刊 デンタルハイジーン 別冊 歯科衛生士のための子どもの“みかた”まるわかりブック』

この2冊は中川歯科クリニックの待合室に置いてありますので、ご自由にご覧ください。

ご予約・お問い合わせはこちら 中川歯科クリニック TEL:03-3851-5566 秋葉原駅から徒歩3分 / 歯科用CT・マイクロ完備 / メインテナンス専用フロアあり

  • 03-3851-5566
  • 東京都千代田区|診療予約|中川歯科クリニック