歯の痛みを感じたら早めの処置を

歯の痛みを感じたら早めの処置を

ごく初期段階の虫歯は、自覚症状がほとんどありません。そのため、「歯が痛い」「歯がしみる」といった症状があるなら虫歯がかなり進行している可能性があります。虫歯の痛みは放っておくと悪くなる一方で、進行すればするほど治療は難しくなります。最悪の場合は歯を失ってしまうことにもつながりますので、歯の痛みを感じたらできるだけ早めに千代田区秋葉原の歯医者「中川歯科クリニック」までご相談ください。

なるべく歯を残す「MI」という考え方を重視

なるべく歯を残す「MI」という考え方を重視

予防歯科に力を入れている当院では、「MI(ミニマルインターベンション)」という考え方を重視し、痛みが少ない治療・患者様の負担を最小限に抑えた治療をご提案しています。「MI(ミニマルインターベンション)」とは、歯や歯周組織、全身へのダメージを最小限に抑えて、本当に悪くなったところだけを修復・改善しようという治療の考え方です。

MIを重視することのメリット
歯を削る量を少なくできる 無駄に歯や歯周組織を傷めない
歯の神経を取るリスクを低くできる 治療中の痛みを抑えられる
生まれ持った自分の歯をできるだけ長く維持することができる

痛みを抑える工夫

痛みを抑える工夫

虫歯の治療には、「痛そう」「辛そう」といったマイナスイメージが強いかもしれません。当院では、患者様の負担が少しでも軽くなるように、できるかぎり痛みを抑えた治療をご提供しています。痛みに弱い方、歯科治療に不安を持っている方も安心してお越しください。

電動麻酔

従来型の注射器による麻酔は人間の手で力を加えるため、注射速度が一定ではありません。この「注射速度が一定でないこと」が、痛みを招く原因になります。そこで当院では、一定の速度で麻酔液を注入できる最新式の電動無痛注射器を採用し、さらにその注射器に超極細針を使用することで、かぎりなく麻酔に痛みを感じにくい状況をつくっています。

3MIX-MP法
  • 3MIX-MP法1
  • 3MIX-MP法2
  • 3MIX-MP法3
  • 3MIX-MP法1
  • arrow

  • 3MIX-MP法2
  • arrow

  • 3MIX-MP法3

3MIX-MP法は、抗菌剤を使って虫歯の病巣を無菌状態にする新しいタイプの治療法です。3種類の抗生物質と抗菌剤を混ぜたものを虫歯に詰めることで汚染された部分を治していくので、歯を削る量が少なくて済み、歯の神経を残せる可能性が高まります。

削る量が少ないということは、治療の痛みも、歯を失うリスクも抑えられるということ。とくに初期虫歯に有効な方法で、お子様の乳歯の治療にも効果的です。ただし、すべての虫歯に有効というわけではありませんので、まずはご相談ください。また抗生物質を使用するので、アレルギーをお持ちの方もあらかじめお伝えください。
※3MIX-MP法についてくわしくは以下をご覧ください。

3MIX-MP法

予防歯科についてくわしくはこちら~虫歯になる前に予防しましょう~

お子様は大人より虫歯になりやすいので要注意

お子様は大人より虫歯になりやすいので要注意

乳歯や生えたての永久歯は虫歯菌から歯を守ってくれるエナメル質が薄く、歯質も柔らかいため、大人の歯よりも虫歯になりやすい(進行が早い)という特徴があります。虫歯が初期段階の場合は幼稚園や学校などで受ける歯科検診で見つからないこともありますので、お子様の歯は親御様が毎日しっかりチェックしてあげましょう。お子様の歯で気になることがあれば、千代田区秋葉原の歯医者「中川歯科クリニック」の小児歯科までご相談ください。

生活習慣の改善で虫歯になりにくい歯を

お子様の歯を虫歯から守るためには、生活習慣の見直しが重要なポイントになります。虫歯になりにくい歯をつくるために、普段の生活では以下のことに気をつけましょう。

見直したい生活習慣 改善のポイント
おやつや食事の時間を
きちんと決める
ダラダラ食べていると、いつまでもお口の中で「酸」が発生しやすい(=虫歯になりやすい)状態が続いてしまいます。おやつや食事の時間はきちんと決めてあげましょう。
おやつは
甘みの少ないものに
糖分(ショ糖)が多いおやつは、虫歯菌の大好物。おやつは、おせんべいやお野菜、穀物などの糖分が少ないものをあげましょう。歯の再石灰化(溶け出したミネラルが再び歯に取り込まれる作用)を促す、キシリトール入りのガムやあめなどもおすすめです。
食べたらすぐに
ブラッシングをする
おやつや食事のあとは、すぐにブラッシングする習慣を身につけましょう。どうしてもブラッシングできない場合は、口をゆすぐだけでも虫歯予防の効果があります。

小児歯科メニュー

歯の健康のために何より大切なのは、虫歯にならないように予防すること。当院の小児歯科では、お子様一人ひとりに合ったブラッシングや仕上げ磨きの指導、歯質を強くするフッ素塗布、奥歯の溝を埋めるシーラントなどの予防メニューに対応しています。

小児歯科メニュー 予防内容
ブラッシング指導
ブラッシング指導
虫歯予防の鉄則は、毎日の正しいブラッシングです。お子様一人ひとりのお口の状態に合ったブラッシング方法を指導いたします。親御様には仕上げ磨きの方法もアドバイスします。
フッ素の塗布
フッ素の塗布
歯質を強くするフッ素を歯の表面に塗布します。乳歯は、永久歯に比べて歯質が柔らかいので、継続的にフッ素を塗布することは虫歯予防にとても有効です。
シーラント
シーラント
奥歯などの溝をプラスチックであらかじめ埋めることによって虫歯を予防する方法です。とくに奥歯は食べかすが溜まりやすく、ブラッシングもしづらい場所なので、歯の溝を埋めることは効果的です。

気になる歯並びの乱れは治せます

気になる歯並びの乱れは治せます

お子様の歯並びが気になりませんか? 「矯正は大きくなってからでも間に合う」と思っている親御様もいらっしゃるかもしれませんが、小さなうちから矯正治療(小児矯正)に取り組んでいただくことにはさまざまなメリットがあります。

顎に無理な負担をかけずに
よい仕上がりが期待できる
顎の正しい成長が促せるので
バランスのよい見た目を得られる
将来成人矯正を行った際に
抜歯を避けられる可能性が高まる
歯並びの乱れを原因とした
コンプレックスを抱かずに済む
将来成人矯正を行った際に
治療期間を短くできる
虫歯や歯周病になりにくい口腔内環境を
つくることができる

小児矯正の目的は、将来生えてくる永久歯がきちんと並ぶスペースをつくること。一般的には、顎の発達が目覚ましい6、7歳から中学生くらいまでの間に矯正治療を受けるのが効果的といわれています。ただし矯正に適した時期には個人差があるので、歯科医師によるカウンセリングをきちんと受けましょう。

お子様にこんな癖はありませんか?

本人が無意識のうちにやっている癖が、歯や顎の成長に悪影響を与え、歯並びを乱してしまう原因になることがあります。お子様は、無意識のうちにこんなことをしていませんか?

  • 指をしゃぶる
  • 頬杖をつく
  • 口呼吸が多い
  • 食べ物をよく噛まずに食べる
  • 下で前歯を押しだす
  • 爪を噛む
  • タオルを噛む

お子様のこんな癖を見つけたら、早めにやめさせてあげましょう。小児矯正が必要な場合もありますので、一度当院へご相談ください。

床矯正

床矯正

乳歯に対して行う矯正として、当院では「床矯正」を取りあつかっています。床矯正は、寝ている間などに一定時間、顎に入れ歯のような顎を広げる装置を装着する方法です。乳歯から永久歯に生え替わる前のお子様が使用します。


SH療法
  • 3MIX-MP法1
  • 3MIX-MP法2
  • 3MIX-MP法3
  • 3MIX-MP法1
  • arrow

  • 3MIX-MP法2
  • arrow

  • 3MIX-MP法3

SH療法は、取り外しが可能な特殊な矯正装置を用います。 装置を就寝時に装着し、ゆっくりと時間をかけて矯正を行います。そのため、周囲に気づかれること無く矯正を行うことが可能です。

ご予約・お問い合わせはこちら 中川歯科クリニック TEL:03-3851-5566 秋葉原駅から徒歩3分 / 歯科用CT・マイクロ完備 / メインテナンス専用フロアあり

ご予約・お問い合わせはこちら 中川歯科クリニック TEL:03-3851-5566 秋葉原駅から徒歩3分 / 歯科用CT・マイクロ完備 / メインテナンス専用フロアあり